バリ(アイゴ)を狙って釣る

磯釣りでは、嫌われ者のバリ(アイゴ)ですが、「本格的に狙って釣れ」と言われると、かなり難しい魚だと思います。
バリ(アイゴ)釣りの魅力は、簡単に近場の釣り場で、そこそこ数が釣れ、引き味も楽しめるというところではないかと思います。
バリ独特の竿を叩くような引きは磯釣り師からは敬遠されがちですけど・・・

しかし、波止場で軟らかい竿を使い細ハリスで釣ると、やり取りの練習にはもってこいの魚だと思います。
タモ入れの練習にもなりますね。
波止場で釣れる魚では、同サイズの魚と比べると一番引くんじゃないかな?

仕掛けはシンプルで、固定ウキを使用したほうが、微妙なアタリが分かりやすいと思います。
高感度の棒ウキがあれば、いいと思います。
マキエは低価格のもので十分ですので、釣行費も安くすみます。
オキアミやアミエビは混ぜなくてもいいでしょう。

バリ釣り仕掛け.png

オチョボ口な魚なので、小針を使ったほうが有利だと思われがちですが、大針でも問題ありません。
引きが強烈なので、軸が太い針を使ったほうがいいでしょう。
グレ針の7〜8号程度が最適だと思います。

高感度棒ウキ.jpg

バリ(アイゴ)を狙って釣る場合、餌のつけ方がちょっと独特です。
私は針先に米粒くらいのダンゴをチョン掛けして釣っています。
「大針にダンゴのチョン掛け」、これが、「狙って釣るバリ釣り」です。

ダンゴチョン掛け.jpg

こんな、餌のつけ方でホントに釣れるの?と思われる方が多いと思いますが、バリ(アイゴ)を「狙って釣る」には最適のつけ方だと思います。
私も数年前に雑誌でバリ釣りの記事を読み、この独特の餌のつけ方を読んだのですが、最初試してみるのにかなり違和感を感じました。
だって、こんな餌のつけ方、他にはナイですもんね。
ですが、たまたま一匹を、このダンゴのチョン掛けで釣ってしまい、それからは、この釣りにハマってしまいました。

これからの時期、波止場でもエサ盗りの姿をよく目にするようになると思いますが、このダンゴのチョン掛けですとホトンドエサ盗りは釣れません。(皆無とは言いませんが)
逆に考えるとバリ釣りには最適な餌のつけ方ではないでしょうか。
しかし、バリがいないと、一向にアタリがありませんけどね。

今からの時期、近場の波止場には、バリが数多く接岸してくると思います。
しかし、オキアミで釣っていると知らず知らずにエサを盗られていることが多と思いす。

こんなエサのつけ方ですから、アタリは非常に微妙です。
ヘラブナ釣りとでも言いましょうか。
ウキがスゥーと沈んでいく時もありますが、ほとんどチョコンと沈む程度です。
そのアタリでアワセを入れないと、エサを盗られている事が多いみたいです。
そんなアタリですから、棒ウキのトップが海面から5センチ程度出るようにガン玉で調整し、後はウキとニラメッコです。
疑わしきアタリは全部アワセをいれます。(チョコン、ビシッ!です!)
素バリを引いて、ウキが空中を飛んでいく事がかなりあります

なれてくると、前アタリが、なんとなく分かってくるようになります。
ウキがモゾモゾっとしているのが・・・

そんな微妙なアタリをとらえて針掛かりした後の、あの強烈な引きとのギャップが好きで、このノッコミの時期はバリ釣りにハマっています。
九十九島では例年、6月の半ば位がバリのノッコミの最盛期です。

記事を読んで下さった方は、ぜひとも簡単お手軽な波止場でバリ(アイゴ)釣りにチャレンジしてみてください!

バリ(アイゴ)は今から旬で釣った後の処理さえしっかり行えば、美味しく頂ける魚です。
ノッコミ序盤の今の時期なら、独特の臭みも少なく、刺身でも食べれるほどです。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。