カラス貝の付けエサ

高水温時期のエサ盗り対策は、色々な手段がありますが、手っ取り早い方法としては、付けエサの変更があります。
悪食で有名なチヌですから、様々な付けエサで釣ることができます。

チヌ釣りにおいて、年間を通してコンスタントな釣果を残すとなると、様々な付けエサを使い分けたほうが有利になってきます。
フカセ釣り=オキアミの付けエサという、固定観念をいつまでも持ち続けていると、エサ盗り地獄の時期には、釣りにならない事が多くなってきます。

あくまでも、オキアミでの釣果にこだわる人もいるかもしれませんが、私の場合、釣れるなら、どんなエサでも使ってみようと思っています。
釣りにおける経験は、釣果があってこそだと思う気持ちが強く、変なこだわりで連続ボーズになるくらいなら、どんな事でも試してみようと思っています。

フカセ釣りにおいては、撒きエサは必要不可欠なものですが、高水温時期ともなれば、その内容物には気を使う必要があります。
厄介なエサ盗りを必要以上に寄せてしまうと、釣りにならない事が多くなってきます。
注意しなかればならないのは、アミエビの配合です。
アミエビの集魚力には、凄いものがあると思います。
アミエビを配合したマキエと、混ぜていないマキエでは、エサ盗りの種類や数、寄せるまでの時間に大きく違いがでると思います。
高水温時期には、できるだけアミエビの配合は避けたほうが無難だと思います。

集魚剤も集魚力の低いものを使ったほうが、いいでしょう。
私は、マルキューの「オカラだんご」を使用しています。
海水を加えると膨らんでくれるので量に困る事もありませんし、集魚効果も控え目で使いやすいです。
だだ、遠投が必要な釣り場では単体での使用では粘り気に欠けますので他の配合エサとのブレンドが必要になります。
釣り場が波止場なら単体でも問題なく使用できます。
それでも撒き続けていると、エサ盗りだらけになる事が多いのも事実です。

カテゴリー「夏場のエサ盗り対策」にも記載していますが、そんなエサ盗りだらけの釣り場では、コーンやサナギの付けエサを使用したほうがいいでしょう。
しかし、フグが大量にいる釣り場では、そんな付けエサも効果が無く、ウキにアタリが出ず盗られる事が多くなってきます。

そんな時に、「カラス貝」の付けエサを試してみると面白いと思います。
我慢の釣りを強いられる事になるかもしれませんが、素鈎のままでは、チヌは釣れません。
チヌのいるタナまで、しっかり残る付けエサが必要になってきます。

カラス貝の付けエサ.jpg

本来、カラス貝は、落とし込みなどでは、ポピュラーなエサですし、常食してるのは間違いありません。
フカセ釣りの付けエサとしては、抵抗があるかもしれませんが、一枚のチヌを釣り上げると、そんな固定観念など吹き飛んでしまいます。
その際、釣行記にも書いていますが、「誘い」などでカラス貝の落としこみを演出したほうがイイと思います。
ベタ底から、抜き上げた範囲を探っていく感じです。
パラパラと撒かれたカラス貝の落ちていく付近を丁寧に探ると面白いと思います。

チヌの喰い気にスイッチが入ると、頻繁にアタリが出るようになります。
押さえ込むようなアタリもあれば、ウキが消し込む事もあります。
アワセのタイミングが難しく、あまりに早アワセでは、鈎掛かりせず、遅アワセでは、違和感を感じてチヌが鈎を吐き出しているようです。
どうもカラス貝を噛み砕く際に、殻を吐き出している事もあるようで、押さえ込んだアタリの後、付けエサが盗られているような時は、そんな状態なのかもしれません。
あまりに早くアワセると、貝が潰れたままで残って上がってくるので難しいところです。
カラス貝の付けエサでの、アワセのタイミングは、今後の課題になりそうです。
数釣って、感覚を身につける必要があるようです。

ダンゴやコーンも最初は、使うのに抵抗がありましたが、一枚を釣り上げると、不思議なもので抵抗は無くなります。
チヌ釣りでは、抵抗無く数多くの付けエサを使えれば、様々な状況に対応できると思います。


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。