チヌ釣りでの誘いは有効か

私のチヌ釣りは、波止チヌ伝説のダンゴ三銃士で有名な石田順一さんの影響を強くうけています。
もうかなり前の記事になりますが、「抜き」といわれる誘い技で波止場のような釣り人の多い釣り場でコンスタントな釣果をあげておられました。

私が九十九島でチヌ釣りにハマッタきっかけは、この「抜き」のおかげだと思っています。

チヌ釣りでの誘いは有効か.jpg

寒チヌの時期などは、エサ盗りも少なく、余計な誘いでエサを盗られる心配もありません。
気温が低いため、チヌの活性も低いと思われがちですが、はたしてそうでしょうか?
数こそ少ない時期ですが、大型の活性はかなり高く、誘った直後にアタリがある事が多いように思えます。

好奇心旺盛なチヌの興味をひくには、ただ潮にまかせて付けエサを流していくより、誘ったほうが有利です。

エサ盗りの多い夏場などでも、付けエサを変える事により誘いは有効になります。
オキアミなどは秒殺でしょうが、ダンゴやコーンの付けエサを使用すれば可能です。
エサ盗りの活性が高い時期はチヌの活性も高いものです。

ただ、コーンの場合は、底に落ちたものを捕食している可能性が高いので、ハワセたエサの位置を変える程度がいいかもしれません。
潮の流れでズルズルとエサが引きずらせておいて、エサが障害物などに触れて流れなくなった時などに、軽く誘いを入れてエサの位置を変えると、またスムーズに流れるようになります。

完全に付けエサを這わせて釣る釣り方もありますが、アタリが無い場合は、マキエの周辺を誘いを入れながら、探っていく釣り方のほうが、効率的になります。


チヌ釣りでこの誘いが有効だと思っている理由は、ほかにもあります。

九十九島でチヌ釣りをしていると、目の前を大型の漁船や高速船がたまに通るのですが、この波でウキが上下した直後にチヌのアタリが頻繁にあり、やはり付けエサを動かしたほうがチヌ釣りには有効だと思わされます。

やはりその日、その日で誘いのストローク差や速度などを調整する必要があるのかもしれませんね。

釣りでは「クロ釣りを動」「チヌ釣りを静」でたとえられる事がありますが、「動」のチヌ釣りも面白いものです。
釣り場でアタリが無く、マンネリ気味になった時には、試してみる価値があります。
誘った直後にアタリがあると最高に嬉しいものです。


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。