チヌSPマスターモデル

がま磯最高峰のチヌ竿、「チヌSPマスターモデル」
通常のロッドとは違い号数がありません。
5.3mと5.0mの2種類しかなく、チヌ釣りに求められるすべての要素を集結した仕様になっています。

本当の竿の良し悪しが分かるほど経験も腕も無いのですが、がま磯最高峰のチヌロッドという自己満足感だけで使わせてもらっています。

チヌSPマスターモデル.jpg

使用感としては、普通のチヌ竿と比べると若干硬めの仕上がりになっており、竿のパワーは申し分ないと思います。
以前は軟らか目の竿を愛用していたので、最初使った時は、かなりの違和感がありました。
掛かった魚の首を振る様子が手元まで伝わってくる感じです。
大物狙いや障害物まわりでは強気のやり取りができる竿だと思います。
あくまでも釣り人のほうが気負けしなければですけど・・・

あとは、雨天時にラインが竿にベタ付きにくく操作性は抜群です。
以前に愛用していた「チヌ競技SP2 0.8号」と比べても、かなり操作性に違いが見られます。
自重がマスターモデルのほうが15gほど重いのですが、リールシートの位置が少し上に付けられているため、持った感じはチヌ競技SP2より軽いです。

グレ竿の要素を取り入れているため、軟らかい竿が好みの方には不向きかもしれません。
メイタサイズで美しい曲がりを見せてくれる竿ではありません。

カタログにも記載されていますが、「粘りを出した#2、3はただ軟らかいのではなくゴムのような弾力でバット部へとスムーズに力を伝えてくれます。」
マスターモデルを使用して数匹のデカバンを獲った感じでは、上にも記載されているように、グイグイと魚を浮かしてくれる竿です。
かなりの大物にも対応している竿のため、巨チヌの可能性がある釣り場や、障害物が多い釣り場で使用しています。

強引なやり取りをしたければ、グレ竿を使用すればいいだけの事なのですが、できればチヌ竿を使用したい・・・
これも、釣り人の変なこだわりなんでしょうね・・・

自分にとっての本当の名竿とは、メーカーや値段ではなく、使い慣れた思い出深い竿なのかもしれません・・・


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。