サクセス・フィッシング

私が以前に、よくお世話になっていた、石井釣りセンター「サクセス・フィッシング」の紹介です。

サクセス・フィッシング.jpg

以前は北九十九島の瀬渡しがメインでしたが、新船が加わり五島列島釣行に力を入れていらっしゃいます。
私も船の中を見せてもらいましたが、これまでの瀬渡し船とは違い、かなり快適な内装になっていました。
ぜひとも五島列島に釣行の際は利用されてみてください!

これまでどおり湾内の瀬渡しも行われていますので九十九島でチヌやクロ釣りをされるかたにもお勧めです。
船長の人柄も良く、気軽に釣行できるところで、常連の釣り名人も数多く通っておられるます。
瀬渡し代も湾内なら、1700円〜3000円と安く、県外からの釣り人もよく来られているようです。


ほかにも、貸しボートなど、釣り客の要望に答えたサービスを提供されています。

私が思う1番の魅力は湾内の瀬渡しなら予約無しで気軽に釣行できるところです。
常連の釣り客はたいてい1人で昼前くらいに来られて日が沈むまで、釣りを楽しんでおられます。

皆さんの中で五島列島や九十九島での釣行を考えておられる方は、ぜひ石井釣りセンターを、ご利用されてみてはいかがですか。


「サクセス・フィッシング」にはこちらからどうぞ!

おっと、書き忘れました。
あの「九十九島巨チヌ伝説」の釣り場に釣行されるのにも最適です!
あなたにも日本記録?となる巨チヌが釣れる可能性がありますよ♪



にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

北九十九島のチヌ釣り場

九十九島は釣り場の宝庫ですが、以前に頻繁に渡船を利用していた時に通っていた釣り場を紹介します。
北九十九島に釣り場へは、石井釣りセンターからの瀬渡しが便利だと思います。
湾内の釣りなら予約無しで利用できますし、渡船料も1700円〜と格安です。
初めての客にも、丁寧な対応を心がけておられます。



大黒(おおぐろ)の北大黒の北.jpg
この釣り場は、以前は常連客しか知らない釣り場でした。
ノッコミの最盛期でも瀬上がりしている釣り人は少なめです。
私的には、大黒の南より魚がスレておらず、釣りやすいと思います。
寒チヌやノッコミの時期は、実績が高く有望な磯です。
海底は砂地で、寒の時期は、エサ盗りはフグくらいしかいません。
水深は竿一本半。
目の前に見える、「小黒島」との水道になっている為、ゆっくりと左右に潮が流れます。
下げ潮時の左流れに分があると思います。
釣り座が低い為、大潮の満潮時は、釣りになりません。
潮が下がると、前に出れるので干潮回りでの釣行をオススメします。

大黒(おおぐろ)の南大黒の南.jpg
石井釣りセンターから瀬渡しで5分程度であがれる磯です。
渡船料は1700円です。
数年前に数多くのチヌが釣れていた場所で釣り雑誌でも何度か紹介された事があります。
海底は砂地、主なエサ盗りはフグです。
水深は竿一本半。
以前のような、爆釣は期待できませんが、今でもデカバンの確立は高い釣り場だと思います。
この周辺はチヌの生息しやすい環境が整っているらしく、周囲に数多くのチヌ釣り場があります。


ダンジュクの4番
ダンジュクの4番.jpg

「九十九島巨チヌ伝説!」の釣り場。
渡船料は1700円。
海底は砂地でエサ盗りはフグ。
水深は竿一本半〜二本。
釣り座右にある筏方向に潮が流れる時がチャンス。
サイズ的には、30〜40センチクラスが釣れる事が多いように思います。
釣果にムラがあり、釣れる時はメイタに混じりデカバンが釣れる事がある。
釣れない時は、エサも盗られず、厳しい状況で終わる事もあります。
有名な釣り場だけに、魚がスレ気味なのかもしれません。
2号や2.5号のハリスを引きちぎっていく大物がおり、気の抜けない釣り場です。
常連客が、ポッカリと浮いている巨チヌを目撃したり、恐ろしい引きで、筏の下に潜り込まれるバラシが数多くある場所です。
秋口には、キビレ混じりの釣果となる事が多い。



永の島(えのしま)の奥
永の島の奥.jpg
ここも石井釣りセンターから瀬渡しで5分〜10分程度の釣り場。
のっこみチヌの早い時期に釣果が望める場所です。
海底の形状は、足元は根、沖はゴロタ混じりの砂地。
水深は竿一本半〜二本。
遠投しての釣りよりも、竿一本先のかけ上がりを丁寧に攻めたほうが有利。
チヌの他には大型のタイが釣れた実績もあるようで、気が抜けない釣り場です。
瀬渡しの料金も2000円と比較的安く、気軽に釣行できる釣り場の一つです。


この他にも、無数に釣り場はあります。
その年、その年で、釣果にムラが出る釣り場が多く、ノッコミ最盛期には人気の磯は、平日でも釣り人が絶えない状況になります。
そんな時は、以前にそこそこの釣果が出ていた釣り場への釣行をオススメします。
魚がスレておらず、釣りやすいかもしれません。

九十九島の湾内の釣り場では、2桁の釣果は珍しい事です。
渡船客の一割が釣れていれば、いいほうだと思います。
辛抱して貴重な一枚をゲットできれば、その日の竿頭になれるかもしれませんね。


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。