初夏から近場でデカバンを狙う!

釣りが趣味である以上、釣れないより釣れたほうがいいに決まっています。
年間を通して、コンスタントな釣果を上げるようになるには、時期による釣り場の選択が一番重要ですが、
大型のチヌばかりを狙って釣るとなると、かなり難しいと思います。

九十九島では、寒チヌやノッコミのハシリの時期には近場の波止場や地磯で
チヌに出会う機会は少なくなります。
エサ盗りさえいない釣り場が多くなるようです。
そんな時期は渡船を使った釣り場が有利になります。

しかし、7月初旬からはチヌも湾奥の波止場や地磯に回遊してきますので、
かなりの近場でデカバンに出会う事ができる時期です。
波止場で日向ぼっこでもしているかのように浮いているチヌを目にするのもこの時期からです。

「この釣り場はメイタしか釣れんよ」と言われる釣り場でも時期によってはデカバンが釣れる場所もあります。
メイタサイズがよく釣れる釣り場でも時折、ハリスを引きちぎっていくようなアタリがあります。
たいがい、チヌ以外の他魚のアタリだと思われる事が多いようです。

そんな時期からは、メイタサイズが多くなり大物と出会う機会が少なくなるように言われています。
しかし、小型の活性が高いという事は当然大型の活性も高いはずです。

メイタサイズばかりが釣れるので細ハリスばかり使っていると
不意に大物のアタリがありバラシてしまうものです。

初夏から近場でデカバンを狙う!.jpg

「ノッコミの時期は大型」「秋チヌは小型」と言われているようですが、果たしてそうでしょうか?
確かに、ノッコミ時期はあまりにも小さいサイズのチヌは活性が低いので大型の実績が高くなるでしょう。

そんな時期は、普段チヌ釣りはしない方々もチヌ狙いで釣行される時期です。
磯には、チヌ狙いの釣り師が溢れているような状況になります。
それだけ多くの釣り師が、この時期だけは、こぞってチヌ狙いに切り替えるのですから、
数多くのチヌが釣れるのは当たり前です。
他の時期の数倍の釣り師がチヌを狙う事になるので、大物の実績も高くなるのは当然です。
産卵を控えてチヌも喰い気がたっている時期でもあります。

ノッコミが終わるとフカセでチヌ狙いをされる方は極端に少なくなるので、釣り場の実績も低くなります。
しかし、先ほども書きましたが、梅雨が明ける時期からはチヌも近場に回遊してきます。
エサ盗りが増え釣りにくくなりますし、食味も落ちるので狙う方々が極端に少なくなるので
実績が低くなるだけではないでしょうか?

きっちり釣れば大型のチヌが狙える最高の時期だと思います。

以前は私も釣り場をあまり知らず、ノッコミの終盤や夏場は、
チヌの釣果に恵まれる事は少なかったのですが、
釣り場の開拓をするようになり、夏場でも十分大型を狙える釣り場を探し出しました。

確かに、メイタサイズも釣れますが、気を抜いているとチヌとは思えないような引きで楽しませてくれます。
ノッコミ時期とは比べようも無い強い引きで竿を絞り込んでくれます。

最近では、「これがチヌ本来の引きではないか?」と思うようになりました。
50センチクラスともなれば最高の引きで楽しませてくれます。

もともとチヌとは人間にとって身近な存在であり、近場での釣りがメインだったはずです。
最近では、渡船の利用に伴って、沖磯や離島で釣られるようになりましたが、
十分近場で大型が狙える釣魚でもあります。

「こんな場所で!?」と思われるような近場の釣り場でもデカバンの可能性は高いものです。
小型の数釣りの時期とは思わず、大型の一発狙いで釣行してみるのも面白いかもしれません。

初夏からは、大き目の河川の河口出口付近で
メイタの実績がある釣り場なら十分デカバンが潜んでいる可能性があります!
地元の漁師さんなどに直接聞いてみれば、てっとり早いかと思います。
時期によっては、船着場などで大型のチヌの魚影などを見られているかもしれません。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。