夏場のエサ盗り対策

高水温時期ともなれば、近場の波止でもエサ盗りが多く釣りにならない事があります。
オキアミではウキにアタリも出ないでエサを取られる事も多く、エサ取り対策が必要になってきます。

マキエワークでエサ盗りをかわせるようならいいのですが、流れが緩い釣り場や時期によっては足の速いエサ盗りが大量にいる釣り場などでは、付けエサの工夫は必要になります。

チヌは雑食性の強い魚ですから、色々なエサで釣れますが、比較的、購入しやすく値段も安いエサとなると数多くはありません。
当然、チヌの喰いにも関係してきますので、有効なエサのほうが使っていて期待がもてるというものです。
ここでは、「コーン」を付けエサに使った釣りを紹介してみます。


アジ、サバ、コッパグロなどが数多くいる釣り場ではオキアミやダンゴでも歯が立ちません。
コーンも慣れてくると、かじられる事がありますが、オキアミなどに比べると断然有利になります。
とにかくチヌ釣りに限らず、釣りというものは魚のいるであろうタナまで付けエサを運んでからが勝負になります。
そのタナまで確実に届くのが「コーン」です。

「とうもろこし」でチヌが釣れるというのは不思議な話ですが、チヌにとっては、この「コーン」は大好物みたいで、釣り場によってはオキアミと変わらない位の釣果がでます。

そもそも、なぜオキアミの付けエサで釣れるかというと、マキエにオキアミを混ぜて使っているからです。
もともと、オキアミは南極にしか生息していません。
チヌにとっては、初めて見るエサのはずです。
配合エサに混じってフラフラとオキアミが落ちてくるから付けエサのオキアミで釣れているのでしょう。

そう考えるとコーンの付けエサで攻める場合は、マキエには当然、コーンを混ぜて使ったほうが有効になります。
チヌは海底に落ちてしまった「コーン」を拾いながら喰っているみたいで、釣ったチヌの胃袋からは大量の「コーン」が出てきます。

コーンを食べるチヌ.jpg

大きなサイズのチヌになると、缶詰の用量の半分ほどのコーンが胃袋から出てきます。
フラフラと落ちてくるコーンも捕食しているかもしれませんが、あれだけの大量のコーンが胃袋に入っているのを考えると海底に落ちてしまった物を拾っているほうが多いような気がします。

エサ盗りの種類や数にもよりますが、オキアミやアミをマキエに混ぜても、途中でエサ盗りから喰われてしまい、海底付近には「ムギ」や「コーン」だけしか届いていない時があるようです。
釣った魚の胃袋の内容物の確認は重要で、オキアミなどが一切入っていなければ、マキエの内容物も考えたほうが有効です。
せっかく高価なオキアミを混ぜても、本命の魚の口まで届かないようでは意味がありません
エサ盗りに喰わせる為に撒いているようなものです。

私の場合、そんなエサ盗りだらけの釣り場では、マキエにオキアミやアミなどは一切混ぜていません。
タダでさえ高水温で小魚の活性が高いのに、集魚効果なんて必要ないのです。
まあ、エサ盗りが全然寄らないようでは、チヌも寄ってこないでしょうけど・・・

必要ないものは使わないほうが釣行費も安くすみますし、釣り自体を簡単にしてくれます。

そんな釣り場では「オカラだんご」単体で使用する事が多くなりました。
海水を加えると膨らんでくれるので量に困る事もありませんし、集魚効果も控え目で使いやすいです。
だだ、遠投が必要な釣り場では単体での使用では粘り気に欠けますので他の配合エサとのブレンドが必要になります。
釣り場が波止場なら単体でも問題なく使用できます。

この「オカラだんご」に百均で購入した缶詰のコーン2缶を混ぜています。
付けエサには、スーパーで購入した真空パック詰めの「とうもろこし」を使用しています。
これだけで1400円程度ですので、経済的です。
付けエサには「くわせコーン」がありますが、コーンならなんでも釣れると思います。
コーンとオカラだんご.jpg

釣り場の海底の形状にもよりますが、できれば砂地や潟のほうが釣りやすいと思います。
先ほども書きましたが、チヌが海底に落ちた「コーン」を捕食しているなら、付けエサも底ズラシが有効になります。
落ちたコーンを捕食しているチヌの頭上を付けエサが通り過ぎては意味がありません。
そんな釣り方ですから海底が岩だらけの釣り場では根掛かりが頻繁におこりますので砂地の釣り場がお勧めです。

釣り始めにしっかりとタナをとって、コーンが海底を漂うよな演出がベストだと思います。
こちらでは、コーンの付けエサはまだ浸透していません。
でも、しっかりとコーンの付けエサでチヌが釣れるのを考えると、今までコーンを撒いていないような釣り場でも有効なような気がします。

確かに、オキアミの付けエサと比べるとウキにアタリが出ず、辛抱の釣りになりますが、確実に底まで付けエサが残るので、オキアミの釣りよりは確率が高くなると思います。
最初は私も本当にコーンで釣れるのか?と抵抗がありましたが、かなり高確率でチヌの釣果が上がっているので有効みたいです。

付けエサにオキアミを使うので撒きエサにオキアミを混ぜる。
コーンを付けエサに使うなら、当然、コーンを撒きエサに混ぜたほうが確立は高いと思います。

エサ盗りの猛攻にあうような、時期には有効です!

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

コーンチヌ

夏場のエサ盗り対策で、付けエサのコーンを紹介しました。
なぜか、コーンはチヌの大好物のようで私的にはオキアミに負けない付けエサだと思っています。

「がまかつ」からコーン専用の鈎が販売されていますので紹介します。

コーンチヌ.jpg

コーンエサにベストマッチ。
鈎が目立たないコーン専用カラー!
磯、波止や、いかだでのチヌ狙いにコーンエサを使われる時に最適です。
ヒネリが入っていませんので、スムーズにコーンを刺せます。



魚が鈎を認識しているかどうかは疑問に思うところですが、せっかく専用の鈎があるのですから試してみる価値はあると思います。

魚はかなりの近眼のようで視力は0.1程度しかないという記事を読みました。
でも、色の認識はかなりできるようで、人間よりもはるかに幅広く細かい色の違いを認識できるとのことです。
そう考えると、コーンの黄色い色がチヌの食欲をそそる色なのかもしれません。
しかし、チヌが日常、口にしている物で黄色い物なんてあるのか疑問です。

以前の記事で、誘いによる釣りでは、付けエサを動かし、目立たせるほうが有利と書きましたが、それなら鈎をカモフラージュする意味も無いのかもしれません。
しかし、コーンを付けエサに使っていると、モゾモゾとしたアタリがたまにあるのも事実です。
ほとんどが、エサ盗りのアタリかもしれませんが、なかにはチヌが、何らかの違和感を感じてコーンを吐き出しているかもしれません。
好んで口にしていると思うのですが、「喰い込み」に関しては、オキアミほど良くないかもしれません。
そんな時は、鈎の号数を落とし、コーンを少なめに付けたほうが喰い込みもいいでしょう。
ついでに、鈎の色まで変える事により状況が変わる可能性もあります。

誰でも経験があると思いますが、釣れない時は、ちょっとした状況の変化がある時に、チヌは喰ってくるものです。
この鈎を購入しておけば貴重な一枚を手にできるかもしれませんね。


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

フカセ釣りの難しさ

様々な釣魚の中で、チヌほど多種多様な釣り方で狙われている魚がいるでしょうか。
フカセ、落とし込み、紀州釣り、かかり釣り、最近ではルアーで狙われている方も多いようで人気のターゲットです。

季節ごとに食性や生息域が変化する魚なので、一年をとおして狙える釣魚です。

エサ盗りの多い時期になると波止場などでも良型のチヌを見かける事が多くなります。
そんな時期はカラス貝などを使った「落とし込み釣り」が断然有利になります。
「紀州釣り」では、付け餌をダンゴで包み、海底まで確実に落とす事によりエサ盗りから付けエサを守る事できます。
チヌの活性が高い時期ともなれば、場所によってはルアーにガンガンアタってくるようです。

寒チヌやノッコミの早い時期などは、オキアミでも十分釣りができますが、水温が上がりだすと、厄介なエサ盗りが現れ、オキアミなどでは秒殺なんて事も多くなってきます。

九十九島での釣り場は、潮の流れが緩く、チヌが浮いてくる事は滅多にありません。
いかに、底付近まで付けエサを届けるかが釣果の大きな鍵となってきます。

フカセ釣りの難し

さ.jpg

クロ(メジナ)などは、マキエにつられて水面近くまで浮いてくる事もありますが、竿2本ほどの水深がある釣り場で、チヌが海面まで浮いてくるなど、まず無いでしょう。
小チヌなどは平気で中層まで浮いてくるようですが、良型や大型ともなれば底付近でエサを捕食しているようです。

釣り場の水深にもよりますが、底付近でエサを捕食しているチヌに確実にエサを届けるとなると、フカセ釣りは不利な釣りになります。
他の釣り方とは違い、季節限定の釣りとはならない、フカセ釣りですが、直接マキエを上からかぶせて釣っているので、エサ盗りの多い時期や潮の緩い場所などでは、仕掛けがなじむ前に付けエサを盗られる事が多くなり素鈎で釣っているなんて事も考えられます。

チヌ釣りでは、いかに底付近まで確実に付けエサを届けるかが重要です。
チヌのいるであろうタナまで付けエサを届けてからが、釣りのスタートラインと言っても大げさではないと思います。
付けエサにオキアミだけを使用していると、時期によっては連続ボーズになる事も多くなります。
万能エサであるオキアミに頼り過ぎていると、エサ盗りの多い時期には釣りにならないでしょう。

私もそうですが、フカセ釣りにおける、マキエ、付けエサのメインはオキアミと考えてしまいます。
オキアミが一番釣れるエサだと思い込んでしまっています。
雑誌の影響や、釣具店、メーカーの宣伝効果、または自分自身の固定観念からでもあります。

本来、チヌは雑食性の強い魚ですから、様々なエサで釣れるはずです。
オキアミにこだわる理由なんて何も無いのです。
オキアミにこだわっているから、フカセ釣りが難しくなっているのかもしれません。

高水温時期などは、エサ盗りの活性が高く、オキアミやアミエビ、集魚効果の強い集魚材などをマキエに使うと、一面エサ盗りだらけになりかねません。
極端に考えると、そんな時期は、ヌカ、砂、麦、サナギ粉だけでも、チヌの集魚効果は十分でしょう。
後は、付けエサをエサ盗りに強い物を使えば、おのずとチヌに近づく事ができます。
ダンゴ、コーン、サナギ、カニ、カラス貝などを使用してみると面白いかもしれません。
使い慣れないエサは、辛抱の釣りになるかもしれませんが、付けエサを盗られて素鈎のまま仕掛けを流しているのに比べれば確率は高いはずです。

色々な種類の付けエサを用意するのは大変かもしれませんが、マキエにお金をかけなければ、その分を付けエサ用にまわす事もできるはずです。

フカセにこだわるなら、時期によっては、オキアミにこだわるのは止めたほうがいいように思います。
難しいフカセ釣りを更に難しくしているのは自分自身かもしれません。


にほ

んブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。