チヌ釣りでのタックルの選択

最近は雑誌を読む機会が少なくなり、流行のウキや仕掛けの知識が無い私ですが、以前は釣り雑誌を隅から隅まで読んでいました。
名人の使っている竿や仕掛けをまねて釣り場で実践していました。
どっぷりと釣りにハマリ、雑誌や地元の名人の影響を強くうけていました。
そのおかげで、以前に比べると少しは釣果を上げる事ができるようになったと思います。

しかし、それは所詮人まねの領域です。
名人と呼ばれる人達は年間の釣行日数もさる事ながら、釣りのセンスも抜群な方々ばかりだと思います。
そんな人達のタックルだけを真似てみても、経験が浅い釣り師が使いこなせるハズが無いのです。
使いこなせるように努力する事は必要かもしれませんが・・・

以前は私も、名人と同じように軟らかい竿を使い、ラインも細めの物を使っていました。
釣り場の状況も考えず、ひらすら同じタックルで釣行していました。

運がいい時は、そんなタックルでもデカバンが獲れていました。
ちょっと、大物を数匹釣り上げた事で天狗になっていた時期もあります。
しかし、所詮は運任せです。
小型のチヌは獲れても、大型のチヌが獲れない時が多くなりました。
単純に獲れないのなら、竿を硬く、ラインを太くすればいいだけの事なのですが、これができない!
ほかの記事でも書いていますが、これが「固定観念」「釣り人のこだわり」ではないかと思います。
「チヌ釣りで、そんな太いハリスは使えない!」・・・
タックルの選択.jpg

確かに、チヌはクロ(メジナ)と比べると、掛かってからの引きは劣ります。
ノッコミの時期の腹ぼてチヌなどは、重いばかりで沖のほうでポッカリと浮いてきたりするものです。
しかし、寒チヌや夏場のデカバンの引きは想像を絶するものがあり、細いラインでは竿をノサれて秒殺なんて事も・・・
特に障害物の多い釣り場では、「運」が良くないと小型は獲れても大型が獲れません。
なぜなら、そのタックルで獲れる「技術」が無いからです。

細い仕掛けで獲れる「技術」を学ぶのは大変いい事ですし、そんな仕掛けで獲れれば喜びも大きいものです。
でも、その「技術」が身に付くまで何年かかる事でしょう?
釣りのセンスも必要になります。
九十九島のようにチヌの魚影の濃い釣り場でも、そんなに頻繁に大物との出会いはありません。
年に数回しか巡ってこないチャンスを、意味も無い「こだわり」で不意にするのはもったいない気がします。

釣りはしょせん趣味の世界ですし、魚に逃げるチャンスを与えている位がいいのは分かっています。
しかし、逆には「獲ってなんぼ!」という世界でもあります。
しょっちゅう、大物をバラシていては悔しい思いをするのは自分です。

私も最近になって気づいたのですが、「釣り場にあったタックル設定」「自分の技量にあった選択」を知る必要があるのかもしれません。

面白いもので男女群島への釣行の時など、「4号以下のハリスは持っていくな!」と言われましたし、五島列島などの夜釣りでは、皆さんかなりの太い仕掛けで釣っていらっしゃいます。
関東や関西の方々が聞けば、ビックリされる仕掛けの太さです。
当然大物との遭遇に備えての事ですが、そんな仕掛けでも魚は釣れます!
魚影が濃いせいもあるのでしょうが、それだけが理由とは思えません。

季節によってはチヌも相当な引きを見せてくれます!
釣ったチヌの尾びれを見てみると、尾びれが極端に小さく短い魚と長く大きな魚がいるハズです。
当然、尾びれが長く大きな魚ほど引きが強いものです。
カテゴリー「九十九島の個性的なチヌ達」
を見てもらえばわかると思います。

チヌとは思えない引きでバラシた経験は皆さんあるでしょう。
その中には、巨チヌサイズがいたかもしれません。

日本記録のチヌもファミリーフィッシングが盛んな波止場で釣り上げられました。
チヌという魚は、どこに大物が潜んでいるか分からないものです。
地域によっては、皆さんが細い仕掛けで釣られている為、バラシが連続して正体不明の化け物と呼ばれているかもしれません。

私が現在通っている波止場でも、去年バラシの連続で恐ろしい引きでハリスを引きちぎっていくアタリが頻繁にあり、私達はチヌではなく他魚だと思い込んでいました。
波止場の下が空洞になっており沖にはロープがあり、掛かった魚はスグに足元の空洞部分に入り込んでしまうのです。
運良く沖に走ったとしても沖のロープで道糸から切られたりしてしました。
チヌとは思えない引きで竿を立てるのが精一杯でした。
1.5号ほどのハリスでは到底太刀打ちできる相手ではなく、今年から道糸3号、ハリス3号で挑んでいます。
結果、今年になって57センチ58センチが上がっています。
そんな太い仕掛けでも道糸から切られるアタリがある状況です。
「技術」が無いからですね・・・

大型のチヌは、離島などに行かなくても案外身近な釣り場に潜んでいるようです。
釣り場によっては太仕掛けも必要かもしれません。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。