チヌ釣りの極意

チヌという魚は釣れる時は、コンスタントに釣れますが、いったん釣れなくなると何回釣行しても釣れなくなる事があります。
ほかの釣魚でも言える事ですが、ビギナーにもかかわらずコンスタントに釣れたりするものです。
私自身の経験でもあるのですが、コンスタントに釣れているからといって天狗になっていると、ピタッと釣れなくなりなり、釣行する度にガックリ肩を落として帰宅したりする事も珍しくありません。

チヌ釣りの極意.jpg

もともと釣りは「運任せ」の多い趣味ではないかと思います。
メーカーのテスターをされている方々や雑誌に記事を掲載されている方などは、普通の人達の何倍も釣行されているでしょうし、もともと釣りのセンスも抜群なんだと思います。
「技術」を身につける為に、有名な釣り人を目標に努力をしていくもの確かに必要かもしれません。

しかし、私のような一般の釣り人は「技術」よりも「運」に頼って釣行しているほうが多いでしょう。

釣りが趣味である以上、釣れないより釣れたほうがいいに決まっています。

チヌ釣りの極意2.jpg

いかにコンスタントに年間をとおしてチヌを釣る事ができるか!
それも、私の場合、「近場の釣り場」で釣果をあげたいと思っています。
幸い九十九島は釣り場に恵まれています。
しかし、こちらでも有名な釣り場ともなれば平日でも釣り人が多いのも現実です。

そこで、私なりに数年間チヌ釣りをメインに釣行して経験した重要な事を取り上げてみました。


「時期と釣り場の選択」
ほかの記事でも取り上げていますが、これが一番重要だと思います。
渡船を使えば、ノッコミの終盤以外の時期には、年中チヌが釣れてくれる磯があります。
しかし、チヌの魚影の濃い九十九島でも地磯となると年間を通して釣果があがる磯は少なくなると思います。
そこで必要になるのが、釣り場の開拓になります。
これが大変で、ボーズ覚悟で気になる釣り場で竿を出していかなくてはなりません。
私の場合、「実績のある釣り場」の環境や磯や周辺の形状を思い浮かべながら釣り場を探しています。
チヌだけを狙って釣行していると、なんとなく「この釣り場なら、この時期が釣れそうだ」というのが分かってきます。
あとは、その釣り場でいつの時期が釣果がでるのか?
これは通ってみなければ分かりません。
あきらめないで地道に通うしか方法がありません。(かなり大変です。)
雑誌や釣具店で情報を集めるのが手っ取り早いのですが、そんな釣り場は釣り人が多いものです。
それよりも自分で見極めた釣り場で釣果を上げるほうが数倍嬉しいものです。


「ホームグランドを持つ」
チヌ釣りにおいては、これも重要な事です。
年間を通して釣行するホームグランドを持つ事により、その磯、もしくは波止場の形状、釣れる潮などが分かってきます。
釣り場によっては、朝マズメや夕マズメに喰いがいい釣り場もあります。
時期によっては、夜釣りでデカバンがヒットする釣り場もあるでしょう。
ひとつの釣り場に通い慣れる事で、そんな情報が身に付いてくると思います。
その経験を、ほかの釣り場に応用していけば以前とくらべると数段釣果をあげる事ができると思います。


「粘る」
以前に渡船を使った釣行が多い時の話です。
夕方近くまで粘っても釣果が無いので瀬代わりをして、その後に入られた釣り人が一発で良型をヒットされたという話をよく聞きました。
後、一時間粘っていれば、その釣り人が釣り上げていた魚だったのかもしれません。
九十九島のノッコミの時期は夕マズメにアタリがある釣り場が多く、常連の釣り人などは午後から釣行される人もおられます。
チヌという魚は大潮の最干潮でもヒットしてきます。
ノッコミ時期の沖磯などでは潮に左右される釣り場も多いのかもしれませんが、地磯や波止場はジアイがバラバラで気が抜けない釣り場が多いように思えます。
あまりに釣れないようなら、釣り場を見切るもの必要かもしれませんが、この「粘る」事もチヌ釣りでは重要かもしれません。


「銀鱗を愛する」
本当は、これが一番かもしれません。
こちらでも、磯釣りをされる方々は数多くおられますが、チヌ釣りをメインで釣行されている人は少ないように思えます。
クロ(メジナ)釣りのほうが人気があり、チヌはノッコミの時期に竿を出す程度の釣り人が大半のようです。
「紀州釣り」や「落とし込み釣り」をされている人も少なく、チヌのエサとなる「ボケ」や「アケミ貝」なども、こちらの釣具店では見た事もありません。
五島列島や男女群島が目の前にあるので、メジナ釣りのほうが盛んでチヌ釣りにおいては遅れている傾向にあるようです。
コーンを付けエサで使っている人も少ないようですし・・・
私の場合、チヌ釣りのほうが性に合っているようで数年前からチヌ釣りばかりです。
近場でデカバンが釣れるのが一番の理由ですが、狙えば狙うほど不思議な事が多く、銀鱗に魅了されています。
チヌ釣りを好きであり続ける事が一番重要なのかもしれません・・・

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。