釣り人の固定観念

釣りにハマればハマる程、どうしてもこの固定観念が釣果の邪魔をする事があります。
自分の釣りにこだわりを持つという事は非常に大事だと思いますが、「こだわり」と「固定観念」は紙一重かもしれませんね。

私にもそんな「固定観念」が数多くあり、よく考えてみると疑わしい事もあります。
釣り人の固定観念.jpg

チヌ釣りでのマキエの量やツケエサの種類とかでも、半日の釣りでこんなにもマキエサが本当に必要だろうか?とか、ツケエに関してはオ
キアミを主に使っていますが雑食性の強いチヌですから、カニや貝などを頻繁に使っても結構釣れるのかもしれません。

そう思っていても、なかなかこれが実行できない・・・

釣り場でのポイントについても、何回か通った釣り場では、どうしても以前に魚が釣れたポイントに執着してしまいますね。
その結果、そこそこ釣れればいいのですが、釣れなかったとしてもポイントを変える事がなかなかできなくて・・・
クロ釣りでは釣れない場合、すぐに違うラインを攻める事ができるのですが、チヌ釣りでは、どうしてもあきらめる事ができずに後悔する事があります。
何時間もかけてポイントをせっかく作ったのに、そのポイントに見切りをつける事がなかなかできずにいますね。

これも「この釣り場はここがポイント!」だと決め付けているのが原因かもしれません。

永く釣りをしていると、経験も豊かになってくるのでしょうが、それにともなって「固定観念」も強くなる傾向にあるようで、これが上達への邪魔になっているのかもしれません。

本当に釣りが上手な人は「こだわり」は強くても、「固定観念」はあまり持たないのかもしれませんね。

サンデーアングラーの私などは、釣り場で試したい事は沢山あるのですが、なかなかその場に立つと時間がもったいないのと、ボーズになる可能性が強くなると思い、実行できずにいます。


私は以前はクロ釣りがメインで、ここ数年はチヌ釣りがメインになっていますが、たまにクロ釣りに行くと仕掛けに関しては以前のような「固定観念」は随分無くなったと思っています。
チヌ釣りをする事で必要に応じて、ガン玉を躊躇なく打つ事ができるようになり、以前のような軽い仕掛けオンリーではなく、状況によって重い仕掛けを使うのに抵抗がなくなりました。

色々な釣りをしていると一つの釣りに執着しなくなり「固定観念」が少しずつ少なくなっていくのかもしれませんね。

ちなみに私は釣りの事で解らない事が出てくると、自分の娘に「これって、どう思う?」と質問する事があります。

釣りに対する「固定観念」が全く無い娘は、たまに私を開眼?させるような答えを言ってくれますよ・・・

・・・恐るべし (; _ _ )/


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。