チヌ釣りのスタイル

チヌ釣りに限らず、皆さん自分が好んで釣っている釣魚に対しては、それなりのこだわりを持って釣っている事と思います。

私の場合、以前はブラックバス釣りやシーバス釣り、五島列島のクロ釣りにハマッテいた時期もありましたが、ここ数年は、やっぱりチヌ釣りですね。
このチヌ釣りのスタイルって、釣り道具、仕掛け、エサ、ポイント、攻め方などを総合して言うのかもしれません。
皆さんにも自分自身のこだわりのスタイルがあるはずです。
ひとつの釣りにハマればハマる程、そのスタイルが個性的になってくるというか・・・
チヌ釣りのスタイル.jpg
私にもこの、こだわり?のスタイルっていうのがあるのですが、この事を文章に表すのは結構難しいものです。

以前は私も、かなり雑誌や釣り新聞を読みあさり、チヌの記事が載っていれば、くまなく目を通していました。
チヌ釣り名人の釣りの本を買って隅から隅まで読んでいましたよ。
そして、記事の中の仕掛けやエサなどを釣り場で試したりも、よくしましたね。
たしかに有名な釣り名人の記事を参考にするのは良い事だと思うのですが、実際その仕掛けやエサ、ポイントの攻め方を釣り場で実行しても、釣果に結びつくかというと・・・・・
ここらへんが大変難しいところで・・・・

雑誌などに出てくる方々は、あくまでも自分自身が釣り場で数多く経験してきた事をもとに、現在の釣果を維持しているはずです。
人の何倍もチヌ釣りにハマリ、釣行回数もさることながら釣り場では、ほかの釣り人が試さない事なども数多く試してみられた事と思います。
そういった努力の結果、人が釣る事のできない釣り場や時期に結果を残していらっしゃるはずです。
そんな人達の釣り方をまねするだけで、釣果をあげるのはかなり無理があるのではないでしょうか?

こんな事を言っている私もかなりそんな雑誌の影響を強く受けたほうで・・・・

しかし、今では釣り雑誌は全然読んでいません。
雑誌を読んでいると、なんだかメーカーさんに洗脳されているような気になってしまって・・・
最近では釣り具も多種多様になってきて、流行のウキや仕掛けが目立ちます。
私はそういった流行は追わないように心がけています。
釣り具の品質が向上するのは大変良い事だと思いますけど。

スタイル.jpg
私は、やはり釣り場での試行錯誤の努力が自分の釣りのスタイルを作り上げていくものだと思っています。
文章や言葉では表現できない感覚的なものも数多くあるみたいです。
人一倍釣る方は、タックルやポイントの選択もさることながら経験から生み出される動物的感が釣果に結びついているのではないでしょうか?

この自分自身のオリジナルのスタイルが釣果を分ける、大きな鍵になっているような気がするのですが・・・


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。