初夏からの夜釣りでチヌを狙う!

私にとって夏場の夜釣りは風物詩みたいなもので気軽に短時間の釣行を楽しんでいます。
初夏から日中はエサ盗りが多くなり、通常のフカセ釣りでは厳しい時期になります。
その時期からチヌ達は湾奥の波止場や船付き場に回遊してきます。
日中、日向ぼっこでもしているかの様に波止場でチヌの姿を見る機会が多くなります。
日中は喰い気無しのデカバンも、夕方頃になると警戒心が解けるのか電気ウキに変えた途端喰ってくる事があります。

夜釣りでチヌ.jpg

夜釣りの利点としては・・・
蒸し暑い日中の釣りとは違い、比較的涼しい環境で釣りができる。
日中ほどエサ盗りに悩まされる事が無い。
昼間は混み合っている人気釣り場でも、夜なら釣りやすい場所でじっくりとチヌを狙うことができる。
日中は警戒心が強く動こうとしない巨チヌでも、あたりが暗くなれば警戒心が解ける。


注意点として・・・
足場などの確認しにくい。
蚊などの虫除け対策が必要である。
不用意に海面にライトをあてると警戒されるので注意が必要。
不用意に物音を立てない。



夜釣りでの仕掛け

夜釣り仕掛け図.png

日中ほどタックルにこだわる必要も無く、太仕掛けで臨むのが有利かと思います。
マキエも日中使用している物で十分です。
付けエサに関しては新鮮なものが有利で大き目のオキアミを使用しています。
攻める場所としては瀬際狙いが的を絞りやすく、釣りやすいと思います。
マキエを撒く場合もパラパラ程度のほうが、チヌに警戒心を与えないでしょう。


夏場ともなれば、チヌ達はかなりの湾奥のまで回遊してきます。
日中は釣りにならないような浅場でも釣れたりします。
夜釣りでも一番重要なのは時期と釣り場の選択です。
日中、チヌの姿が数多く見られる波止場でも夜釣りでは実績が無い釣り場もあります。
高水温時期ともなれば、こんな場所で!と思うような釣り場で釣れたりしますので、忍耐強く通って確認するのが一番かと思います。

私が通っている釣り場でも梅雨時期の一ヶ月程しか実績の無い釣り場もあるくらいです。
日中の釣りでもそうですが、「近場でのチヌ釣り」では「時期と場所」の選択が釣果を左右するのは間違い無いみたいです。

皆さんの地域にも、夜釣りでデカバンがヒットする好釣り場があると思います。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。