九十九島巨チヌ伝説!

以前に渡船でチヌ釣りにハマッテいた時の話です。

渡船で5分位の所に「ダンジュクの4番」という釣り場があり、瀬渡し代も1500円と安く、気にいって通っていました。

その日も5〜6匹のチヌを釣りあげており、まずまずの釣果に恵まれていました。
竿2〜3本先にマキエを打ち、釣っていたのですが、仕掛けを投げそこねて、足元にポチャンと落ちてしまいました。
普通なら、投入しなおすのですが、この日は釣果に恵まれていたので、「まあ、いいか。」とそのままにしておきました。
すると、スーッとウキが沈んでいくでは、あ〜りませんか。「あれ、小ダイでも食ったかな?」と思い、アワセを入れるとグググッとまずまずの引き、「あれ、メイタか。」と思って2〜3度リールを巻いた時でした。
突然、メイタと思っていた魚が”重戦車”でも掛かっているかの様にズッズズッと重厚な引きに変わりました。竿が、がま磯VRの0号だったので、たまったものじゃありません。0号竿がこれまでに見た事も無い様な究極の曲がりを見せ、道糸がキーンと音をたてていました。
あまりの引きに思わず、レバーブレーキをゆるめてしまい、あとは魚の思うまま、ズルズルと糸を引き出されていきました。
最悪な事に目の前にあるイカダの方に魚が進んでいき、「まずい、イカダで道糸を切られる。」と思い、竿先を海面に突っ込みました。
50メートル程走られて、やっと魚が止まり、恐る恐る、巻き取りにかかりました。魚はイカダの真下です。5メートル程寄せた時、またしても、”重戦車”の引きが0号竿を襲います。あとは、謎の魚の独壇場です。またしてズルズルと糸を引き出されていき、とうとう、ラインブレイク。
そして、はるかかなたのイカダの向こうから、ポコッとウキが浮き上がってきました。(一時、放心状態。)
巨チヌ伝説.jpg

釣り場が湾内の近場のポイントだという事もあって、なにが掛かったのだろうと、いろいろ考えてみました。あの引き具合からして、そうとうの大型魚に違いありません。ボラ、スズキ、タイ、あの重厚な引きからして、大型のタイが湾内に入り込んでいたものが、掛かったに違いないと私は思いました。

そして、納竿の時間を迎えて、石井釣りセンターの船に乗り込みました。船長が「どうだったね?」と聞かれたので、「チヌを、6匹釣ったが、1匹ものすごい引きがあり、イカダの向こう側まで、走られてバラシた。たぶん、タイだと思う」と言うと、顔色が変わり、「それは、たぶん巨チヌよ。あそこは、ヌシがおるとやもんね。」と言われました。

常連の釣り客が2〜3度同じ場所で、化け物をヒットさせ、私と同じ様にズルズルとイカダの下に潜られ、バラシていました。1人は姿まで、見たという事で、60pは軽く超えていたそうです。(最近では70UPは確かにあったとか、年々、大きくなっているみたいです^^;)
私も姿を見ていないので、なんとも言えませんが、あれがチヌなら、通常のチヌ釣りの仕掛けでは到底、太刀打ちできない状態です。

チヌの宝庫である九十九島ですから、そんな化け物がまだ、何匹も潜んでいるかもしれませんね。


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。