寒チヌ攻略法

寒チヌシーズンの釣りにくいチヌをいかに釣るかを紹介してみたいと思います。

一番大事なのは釣り場の選択になるかと思います。
私はノッコミの時期にそれなりの釣果をあげているポイントを目安に釣り場を決めています。

この時期は近場の波止場や湾の奥では、餌盗りもいない状況でかなり厳しい釣りになりますね。
夏場はかなり広範囲で釣れるチヌですが、寒チヌは釣り場選択が重要だと思います。

皆さんの所にもノッコミの時期には大勢の釣り客で賑わう釣り場があるはずです。
そんな釣り場も寒の時期は、かなり釣り人も少ないはずです。
そんな釣り場が思い当たる方はぜひとも釣行してみて下さい。

私が通っている渡船でも寒の時期はクロ狙いの釣り客が大半でチヌ釣り場はガラガラです。
しかし、常連の釣り客はこの時期からチヌ釣りをされている方が結構おられますよ。
私は九十九島のノッコミは正月から始まっていると思っています。
初釣りでゲットしたチヌの腹にも親指程の大きさの卵が入っていました。
寒チヌ攻略法.jpg

あとは、時間帯も関係しているみたいで、たいがい釣れた時間が夕方の3時〜6時くらいに集中しています。

水温がかなり低い時期ですので、夕方の時間帯が一番水温が安定するからかもしれませんね。
ですから、私が釣行するのは昼前後から日没までがほとんどです。
朝一番に寒チヌ狙いで磯の上に立っている事は、まずありません。

皆さんも今シーズンから、寒チヌにチャレンジされてはいかがでしょうか。
ノッコミ期には味わえない強烈な引きを見せてくれるデカバンに出会えるかもしれません。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

寒チヌ攻略法 其の二

寒チヌの時期とは、いつなのか?
私は、12月の終わりから2月の半ば位までを、そう呼ぶのではないかと考えています。

一年のうちで、この時期のチヌが一番美しいと思っています。

寒チヌ攻略法 其の二.jpg

ノッコミの準備期間でもある時期なので、釣り場も限定されてきます。
夏場に良型を釣り上げたからといって、寒の時期に通ってみても、連続ボーズになりかねません。

「寒チヌ攻略法」にも書いておりますが、目安としてノッコミ期に実績のある釣り場を選択するほうが無難です。
寒の時期は、チヌの食性の変化により、釣り場が限定されると考えています。
寒チヌといっても、ノッコミのハシリと考えたほうがいいでしょう。

この時期の釣りが難しいのは、当然です。
どんな魚でも、急激に水温が低下すると動きが鈍くなります。

エサ盗りさえおらず、オキアミは残ったままの状態が多くなるのも、この時期です。

しかし、ノッコミに備えてチヌの喰い気は高い時期だと思っています。

あくまでも私の経験ですが、「抜き」による実績が高い時期も、この寒の季節だと思います。
抜いた直後にウキが消し込んだり、抜き上げている途中で追い喰いしてくるのも、この時期が多いように感じます。

極端に水温が低下すると、いわゆる「喰い渋り」と呼ばれる事もあるでしょうが、ある程度、下がった水温が安定すれば、チヌの活性は高い時期だと思います。

夏場や秋のような、小チヌやエサ盗りの姿は消え、掛かれば良型が望める最高の時期です。
一向にウキが沈まず、集中力が途絶えそうになりますが、アタリがあれば本命の確立がとても高い時期です。

食しても、一年で一番美味しい時期で、脂がのった刺身は絶品です。
これを食べると、他の時期はチヌの刺身は食えないと言っても大げささはありません。

確かに難しい時期ではありますが、釣り場の選択さえ間違わなければ、通えばしっかりと釣果があがる時期だと思います。
しかし、一日に一回あるか無いかの、少ないアタリを逃してしまっては元も子もありません。
ラインや鈎の点検は十分行っておく必要があります。

釣れないからといって竿を置かず、実績のある場所に通ってみましょう。
美しい貴重な一枚が微笑んでくれると思います。

一枚の価値は、他の時期の比では無いでしょう。


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

寒チヌ攻略法 其の三

一年で一番寒い時期にチヌ釣りをするなんて、よほどチヌ釣りが好きじゃなければできません。

その時期は、寒グレのシーズンでもあるので、天気が良ければ沖磯は賑わっているでしょう。

しかし、湾内の釣り場や地磯、波止場で釣り人を見かける機会は少なくなります。
その時期は、エサ盗りの姿さえ見えない状況のため、釣り人から敬遠されているようです。

寒チヌの時期は、釣り場が限定される為、実績のある釣り場を知らない釣り人は竿を置いてしまうようです。

寒チヌ攻略法 其の三.jpg

なぜ、寒チヌは敬遠されるのか?
私なりに考えついたものを取り上げてみました。

☆釣り場が限定される。
☆エサ盗りの活性も低い為、ウキにアタリが出ない。
☆防寒対策が必要である。
☆季節風によって海が時化てくる。
☆簡単には釣れてくれない。



☆釣り場が限定される。
夏場は広範囲に生息しているチヌですが、寒の時期は釣り場が限定されてきます。
この時期は、夏場に実績がある釣り場だからといって通っていると連続ボーズになる可能性もあります。
以前の記事にも書かいていますが、食性の変化によって生息域が限定されるのではないかと考えています。
冬場は甲殻類よりも、海藻類や海苔みたいな物を好んで食べているのではないかと思っています。
これは、あくまで私がその時期に釣ったチヌの腹の内容物から判断しているので確かとは言えませんが・・・

最初は、渡船を使った釣り場に通い、船長に寒チヌの実績のある釣り場を選択してもらうのが一番だと思います。


☆エサ盗りの活性も低い為、ウキにアタリが出ない。
確かに、低水温時期の釣りは難しく、ウキが一向に沈まず集中力が続かないのも事実です。
しかし、その釣り場で、高確率にチヌが釣れるとなると話は別でしょう。
極端に他魚の活性が低くなる時期ですので、ウキが沈めば本命の可能性が高い時期です。
夏場のエサ盗り地獄のような心配も無く、釣りやすい時期です。
エサ盗り対策をしなくていいんですから、かなり楽な釣りになりますね。


☆防寒対策が必要である。
炎天下での我慢比べみたいな釣りとは違い、冬は寒さとの戦いになります。
最近では、防寒着も安くて暖かい物があるみたいですので、着込めばなんとかなります。
汗ダクで釣りをしている時期に比べると、キーンと冷え込んだ時期のほうが集中力も持続できるものです。
寒の時期でも、ポカポカと暖かい日があります。
そんな日は、海水温も若干上がるようで、浅場でチヌの魚影を確認したりします。

☆季節風によって海が時化てくる。
北西の風が強くなり、釣り場が限定される時期でもありますが、沖磯と違い、湾内の釣り場なら、よほどの強風でなければ竿を出す事ができます。
入り組んだ湾内ならどこかに風裏がありますので、そんな釣り場がいいでしょう。
地磯などでも外海側は危険ですので釣行は控えたほうが無難です。


☆簡単には釣れてくれない。
小チヌサイズは釣れない時期ですし、アタリがあれば良型の可能性が高い時期です。
極端にアタリが少なく、一日に一回しかアタリが無い事もしばしばです。
いえ、一回アタリがあれば良いほうです。
しかし、実績のある釣り場では、そんな時期でも、しっかりと釣果が出るものです。
簡単に釣れないから、一枚の嬉しさも倍増するというものです。


確かに、簡単には釣れない時期ですが、実績のある釣り場に通い、しっかりとチヌのいるタナを攻めれば釣れる確立は高いと思います。
以前の記事にも書いていますが、朝早くの釣行よりも、昼からゆっくりと夕方までを釣ったほうがいいと思います。
低水温時期ですので、夕方のほうが水温が若干上がる為、チヌの喰いにも影響しているもかもしれません。

年間を通して、一番美しく美味しい時期のチヌ釣りをしないなんて、もったいない気がします。
大型のチヌより、40〜45センチ位のサイズが魚体も綺麗で美味しいようです。


こんな寒い日によく釣りに行くね!
と言われる事も多い私ですが、寒チヌは別格だと思う気持ちが強く、寒い事も忘れて竿を出してしまいます。
釣り人の中には、ノッコミ期よりも寒チヌを好まれる方も多いかもしれません。

寒さで空気がピーンと張りつめた中、一対一でチヌと対峙する雰囲気は最高にいいものです。

寒チヌの時期は、他の時期よりも、ウキが沈んでいくとドキドキしますね〜。


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

寒チヌ攻略法 其の四

以前の記事にも書いておりますが、寒チヌで一番重要なのは釣り場の選択になります。
どんな釣りでもそうですが、魚がいない場所で竿を出しても意味がありません。

実績のある釣り場さえ知っていれば、難しい時期でも釣果を残せるものです。

私的には、釣りは「場所」と「運」が釣果の決め手で、「腕」なんて数%しか関係していないと思っています。
ベテランの釣り師のほうが、実績が高いのは、それだけ「釣り場」を知っているからでしょう。

「九十九島」より「五島列島」、「五島列島」より「男女群島」のほうが魚影が濃いのは当たり前です。
どれだけ長い間、釣りに対して馬鹿であり続けるかでもありますけどね。

時期と場所さえ知ってしまえば、後は釣るだけですが、なかなか釣れない人もいます。
私もチヌ釣りを始めたばかりの時は、連続ボーズで悔しい思いをしたのを憶えています。
五島列島のクロ釣りにハマっていた時期でもあり、少々思いあがっていた事もあり悔しさは人一倍でした。

ノッコミの時期のチヌなんて簡単に釣れるだろうと思っていました。
しかし、これがなかなか難しく、他の釣り人のチヌを羨ましく眺める日々でした。

渡船を利用した釣りでは、帰港後の釣果が釣り師の優劣を決めると言ってもおおげさではありません。
服装や道具は一級品を持っている釣り人が、帰りの船の中でうなだれているのも珍しくありません。
常連の爺さんが、作業用の防寒着を着込み、竿とバッカンだけ持って瀬上がりし、デカバンをゲットしているのを見ると複雑な気分になったりします。

そんな連続ボーズが続いている時に、「誘い」の釣りに出会いました。
それまでまったく釣れなかったチヌが少しずつ釣れるようになり、誘いの有効性を実感する事になります。

寒チヌ攻略法 其の四.jpg

「誘い」といっても、大げさなものではありません。
竿を起こし、ゆっくりと、付けエサを動かしてやればいいだけです。
大きく誘うとウキが手前に移動してしまい、ポイントを外れてしまう事になります。

釣り座が高く、ポイントが近い、波止場みたいな釣り場なら簡単な操作ですが、磯の上から遠投しての釣りとなると上手くいかない事が多くなります。
風が強く、ラインを流されている時は、誘いをかけると大きくポイントを外れてしまう事になりかねません。
そんな時は、遠投し投入点を変えて、対応するか、いっその事、風まかせで潮とは逆流れでもかまわないのでウキを流していきます。
この辺りに、マキエが効いていると思う付近で、大きく流されているラインごと、引き抜く感じで誘っています。
格好など気にせずに、自分のやりやすい方法で誘えばいいと思います。

潮が緩い釣り場で、強風下での遠投の釣りでは、ライン操作なんて意味が無いと思います。
それよりも、マキエの投入点付近を付けエサが、長く流れるように、仕掛けを流すほうが簡単です。

ノッコミを控えて、喰い気があるチヌは、少々ポイントがズレても、誘いをかける事で追い喰いしてくるようです。

潮の流れが緩く、どちらに流れているか分からないような釣り場では、マキエの投入点は変えず、仕掛けの投入点を変える事で広く探っていくほうが無難かと思います。

強風で海面が波立っている場合なども、どちらに潮が流れているか分からない場合が多いと思います。
そんな時も、闇雲にマキエを打つのではなく、ピンポイントにマキエを打ち、仕掛けを広い範囲で流していったほうが、チヌに出会う確立は高くなると思います。

ある程度は、マキエの効いているポイントの予測を立てて狙ったほうがイイと思いますが、それで当たらない場合などは、潮上を攻めたり、とんでもなく潮下を釣ってみるのも、試してみる価値はあります。

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる!」と言ったほうが、いいかもしれません。

同じラインでアタリが無ければ、上下、左右に広く探ったほうが、出会う確立が高くなるのは当然だと思います。
意外性の強い魚だけに、ちょっとした変化で喰ってくる事が多く、色々と試してみると面白いと思います。

オキアミで一向にアタリが無いので、足元の牡蠣を付けエサに変えた途端、喰ってきた事など、一度や二度ではありません。


低水温時期はチヌの活性も低く、じっとしていると思われがちですが、ノッコミを控えて、喰い気の高い時期でもありますので、付けエサのアピールは非常に有効な手段だと思います。
釣り場で、アタリが無く、マンネリ気味になってきた時に、「誘い」を試してみると、意外と一発で喰ってくるかもしれませんよ。



にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。