チヌ釣りの魅力とは?

私はどちらかというとクロ釣りよりもチヌ釣りの方が性に合っているようで、数年前からは9割がチヌ釣りでの釣行です。
チヌ釣りの魅力とは?.jpg

クロの良型を狙うとなると、九十九島ではさすがに釣り場が限定されますが、チヌはこんな所でと思う様な場所でデカチヌが釣れたりするもので意外性があって不思議な魚です。

時期によっては河口や湾の奥深くまで回遊し、さまざまなエサで釣れるというのも魅力の1つかもしれません。

以前にオキアミやダンゴではピクリともアタリが無く、試しにカキを取ってツケエにしたところ一発で食ってきたという経験があります。

マキエとツケエをできるだけ合わせて釣っていてアタリが無く、マキエの一切利いていない潮上で突然ウキが沈んで良型が釣れた事もあります。

マキエが無くなって置き竿にしてバッカンを洗っていると突然アタリがあり竿を海の中に引きずり込まれた事などチヌ釣りのシーズンになると結構聞くものです。

スズキ釣りにいってルアーで良型のチヌが連続で掛かった事もあり、釣れば釣るほど不思議な魚でわからない事ばかりですね。

寒チヌの時期にはクロ顔負けの引きをみせる事もあり、チヌはあまり引かないとバカにしていると、40センチクラスでもオタオタしてしまう事もあります。
このように時期によってさまざまな顔を持った魚だからこそ釣っていて魅力があるのではないでしょうか?


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。