チヌ釣りでの誘い、「抜き技!」

チヌ釣りではアタリが無い場合、この「誘い」がとても有効です。
活性の高い時期などは、好奇心旺盛なチヌの本能を刺激してくれているみたいです。

実際、釣り場でどのように「誘い」をしているか紹介してみたいと思います。

抜き技!.png

私の仕掛けはダンゴ三銃士で有名な石田順一さんの影響を強くうけています。
ウキは5B+Bでハリスと道糸の直結部分の道糸側にゴム貼りガン玉の5Bを打ち、
ハリスは3ヒロ程でJ5号のガン玉をハリス上部に1個だけ打っています。(ほとんど、完全フカセ状態です)

こんな仕掛けですから、仕掛けがなじむまでに時間がかかりますが、エサ盗りがいない時期には、
仕掛けがなじむ前にエサを盗られる事はほとんどありません。

あとは仕掛けがなじんで、アタリが無いと「誘い」に入るのですが、
「抜き」と呼ばれているくらいですから、ウキのトップから道糸を抜くように竿を使って操作していきます。

この時のストローク差や「抜く」スピードを変えながら、チヌにツケエをアピールしていきます。

抜き上げる時も要注意で、以前に「追い喰い」してきたチヌがかなりおり、ゆっくり丁寧を心がけています。
後はツケエの落ち込みでの演出になるのですが、ハリスにガン玉をほとんど打っていない為、ゆっくりとツケエが落ちているはずです。
逆に考えると、ハリスにガン玉を段打ちしていると、ツケエがストンと落ちてしまい、
チヌにアピールする時間が少なくなってしまいますね。

この「抜き」のもうひとつのメリットは、ベタ底から抜き上げたタナまでを探りながら釣っていく事ができるという事です。
若干浮いているチヌにも、アピールできているかもしれません。

ダゴチン釣りでは、当たり前のようにこの「誘い」を使われているようですし、
最近ではルアーで専門に狙っている方もおられるようで、
好奇心旺盛なチヌにはこの「誘い」は、やはり有効だと思われます。

もしチヌ釣りに行って、アタリが無い場合はぜひとも、皆さんも試されてください。

「喰わせた」という実感が味わえるかもしれませんよ。(^v^)


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。