はじめに・・・

九十九島(くじゅうくしま)は、長崎県の佐世保市、鹿町町、平戸市にかけての北松浦半島西岸に連なるリアス式海岸の群島です。
島の総数は現在公式には208とされています。
全域が西海国立公園に指定されており、自然豊かな素晴らしい場所です。

はじめに・・・.jpg

無数の島々に囲まれた場所でチヌ釣りにおいては最適な環境に恵まれています。
そんな九十九島でチヌ釣りを、メインに釣行しています。
以前は渡船を利用した釣りが多かったのですが、
最近では地磯や波止場からの釣りがほとんどです。
様々な場所で釣れるチヌですが、近場のデカバンを狙って日々釣行しています。

チヌは近場で釣れる魚では最高の釣魚で、波止場からでも十分に大型が狙えます。
しかし、チヌだけを狙って年間を通してコンスタントな釣果をあげるとなるとかなり難しい釣りでもあります。

どんな釣魚でもそうですが、時期や場所の選択が一番重要なのかもしれません。

ここでは、私が以前にチヌ釣りにおいて経験した事を記事にしています。
時期別の釣り場の選択や釣り方を紹介しています。

これからチヌ釣りを始める方々の参考になれば幸いです。
銀鱗(チヌ)をこよなく愛する釣り師必見です!


にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村 チヌ・黒鯛釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。